blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

TOP

2009年12月 Archive

2009年12月 3日

東京、神戸、そして。。




昨日は神戸のとある企業にて、以前も装花させていただいたトレンドセミナーの装花をさせていただきました。

トレンドユニオン社は、前回の東京でのセミナーのようにに多くの企業の方を集めて、トレンドを予測し提案するセミナーを行うほかにも、

ひとつの企業に対して、よりその企業との関連性を強めた内容でのトレンドセミナーもされています。


今回のこの神戸のとある企業は、自社専用にトレンドセミナーを開催されたようです。

うーん、すばらしい。。



ところで、今回のこの装花が我々にとって非常に有意義だった点があります。


それは、東京で行われたイベントが、関西の都市で開催され、それに際しての2箇所における装花を一元化してお引き受けできたことです。


ここが、我々が東京に進出した大きな目的のひとつでした。


東京での装花と関西での装花を一元化してお引き受けできることで、今まで関西で装花を依頼していただいていたクライアントに対して、

2箇所での打ち合わせの手間を省いたり、イメージの違いを少しでも減らすことが出来るようになりました。


トレンドユニオン社の日本支局の方がたにも、とても喜んでいただけ、よりよいサービスが出来るようになったかなと実感しました。


そして、このトレンドユニオン社のトレンドセミナー、毎回とてもプラスになる内容もさることながら

アイロニーにとって、さらに大きな意味合いを持っています。


多くのイベントが東京から発信され、関西など地方都市手に広がっていくのですが、

パリに本社を持つトレンドセミナーは、まずパリで行われ東京へ、そしてその他地方へと広がっているのです。

もちろん、東京だけでなく、世界中に広がっているのですが。


パリでのセミナーの装花を担当することができたら、どんなにすばらしいことかと思います。


そうすることで、東京・関西での装花へのクライアントのイメージもより深くつかむことが出来、表現できるようになるのではと思います。


そして、現在のアイロニーの他のクライアントにも、そのラインは大きなメリットとして提供できるのではと思います。

それだけでなく、芦屋の厳しいお客様に育てていただいたからこそ、ここまで来れたように

東京、パリでの目の肥えた厳しいお客さまを意識することでもっとアイロニーを磨いていけると思うのです。



パリの話はまだまだ先になると思いますが、今は日々襲い掛かる東京と芦屋の難問に取り組みながら一歩一歩成長していきたいと思うのです。


クリスマスまではキャンドルアレンジのレッスン、年末にお正月アレンジのレッスン、

ともにご予約受付中! お正月レッスンは、毎年ご予約埋まってしまいますので

お早めにどうぞ。

芦屋本店 0797ー38ー8741

南青山店 03ー6427ー4387




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姿勢

姿勢

これについて、気づいて反省した点があるので書きのこす。


仕事の姿勢  自責について。


何か本で、自責の人と他責の人がいることが書かれていた。

何か問題が起ったときに、原因を自分に探すか他のものに探すか。

これについては、今までの経験で、とくにモリッチやネエサンというアイロニー初期の頃のスタッフ

が気づかせてくれたので、以前にブログにも書いたことがあった。


スタッフが僕の決めたやり方をひたすら一生懸命とりくんでくれる姿をみていて、

あーこれは、何か失敗があったら、この人たちのミスではなくて、俺の指示しているやり方が間違っているなぁ

と思いました。

そのことに気づいて以来、チーム内でミスがあっても、ミスしたひとに腹が立つことが少なくなり

どうすればこんなミスがなくなるかを考え仕組みを作り直さねばと考えられるようになりました。


ただ、そうは言ってもまだまだ修行不足で、できないときもあります。

期待が大きければ大きいほど

やはり、感情が反応してしまったり、

また、自責の人になれない他人を見ていると、責任を追及したくなったり。。


自分がスタッフのおかげで気づけたように、自分も他のスタッフに対して、うまく気づかせてあげられるような

接し方をしないといけない。


そしてもうひとつは、話してもらえる姿勢。

誰かがなにか、不満やおかしいなという気持ちを抱えているとき、立場や年が上であればあるほど、そのことは伝えてもらいにくい。

そりゃー言いにくいでしょう。

それも同じく自責の姿勢で受け止めて、直接はなしてくれればいいのにではなく、

改善しようとしている姿勢を見せる、腹を立てたり、言い逃れをしたりしないで、ちゃんと聞きますという姿勢を自分自身がみんなに伝えなければならない。


そうしてもらえないのは、なにか自分に原因があり、

職場にそういうことがあるなら、リーダーの僕がまずみんなにその姿勢を見てもらう必要がある。


皆がストレスなく働ける環境をつくることは、難しい。

しかし、どうしても実現する必要がある。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月 4日

白樺と胡蝶蘭のキャンドルデコ

先週は芦屋店での勤務が多く、久々に南青山に来てみると

われらがパレスミユキビルの1Fにある、ソニアパークさんのところのギャラリー(たまにしか開いてない)がリニューアルしてソニアさんお気に入りのものがたくさん並んだ、ショップ(常時営業!)になっているではないか。

詳しくはこちらのover the counterを要チェックや!→ http://www.arts-science.com/

江口さん率いるとなりの本屋ユトレヒトさんに田口さんのカフェバー cafe aMoule も併設され、にぎやかな雰囲気になってきました。

詳しくはこちら→ http://www.nowidea.info/

表参道のイルミネーションも綺麗だし、ぜひぜひ足をお運びください。


さてさて、今日は遅くなってしまったリュクスクラスの12月キャンドルアレンジのデザインを仕上げる。


朝の大田市場であれこれ悩んだ末、今年気に入ってる白でまとめることに。

前回レッスンのリースも白樺の樹皮をつかったので、おそろいにしてあげようと2メートル50センチの白樺の木を仕入れる。 

青山店には、まだ工具類がさびしいので、ミニのこぎりでひたすら切る。ひたすら切る。

こういうときいつも僕の頭にはルパンの五右衛門がイメージされる。。

五右衛門なら一瞬で終わるところ、小一時間ほど切り続け、脂肪を燃焼する。


サンプルを作ってみて、頭の中でのデザインを少し修正。

んー、なかなかの出来やな。。


その後は、ラフィリエサイトにアップするイメージ写真(デザインわかっちゃうとおもしろくないので)をとるのだが、いつもはさっと花材を撮るだけなのだが、今日は時間もあったのでその素材を写真用に綺麗に魅せるスタイリングに取り組んでみる。

夕方になっていたので光はベストではなかったが、立体を意識して、奥行きを感じられる写真にしてみた。




うーん、まだまだか。


写真は、まだまだですが、今月のリュクスクラスのデザイン 白樺と胡蝶蘭のキャンドルデコは

楽しんでいただけると思いますのでご予約お待ちしております!



詳しくは こちら→ アイロニーフラワースクールHP ラフィリエ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月 5日

横山先生




本日は南青山店勤務。

明日は南青山店初のブライダル仕事。きゃわいいボールブーケをおっさん二人で心を込めて作成しました。

半分づつ店を離れるので、お客様の反応が見れないこともあり、喜んでもらえたのだろうかと

考えることがあります。


みんな僕よりも気合をいれて気持ちを込めてしてくれているので信頼してますが、

僕が全部一人でやっていても気に入ってもらえないことはあるので

リアクションは、気になります。


そんな時うれしいのが、ブログを書いている方が、アイロニーのことを書いてリンクを貼ってくださっていたりすると、アクセス解析に表示されるので見ることが出来ます。

またお礼のメールをいただけることもあり、この仕事の一番の楽しみでもあります。


先日は、 

南青山店で、メイン講師としてレッスンを担当する横山先生にお褒めのメールをいただきました。

芦屋本店では、レッスンを担当することは稀だったのですが、南青山店マネージャーとして

がんばってくれています。


普段そんなに愛想よいほうではないのですが、ずるいことに顔が甘いのです。

ケンと二人でレッスンについて話したときに、僕らこんながんばってるけど

横山君がレッスンやり始めて、めっちゃ生徒さん集まったらテンション下がりますね。

一人だけ独身やし。。せこいよなー。

と心配していました。。



恐れていたことが起りつつあるのかもしれません。。


しかしながら、お褒めのメールには、

関西弁でとても丁寧に指導してくれたのがよかったと書いてくださっていました。。


愛想よくできるんやん。。横山


もともと花は芦屋本店で担当させてもらっているブランド装花を多く担当していたので、

しっかりしているので、これはおもしろそうだなぁと思ってみています。


僕も負けていられないので、ダイエットに取り組みます。

いや違うか。



そんな横山先生も担当する、レッスンの情報はこちら

http://www.la-filiere.net/


写真は本日南青山店内 昨日ミニのこぎりでサイズを調整した白樺が綺麗です。

ぜひ見にきてください!




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月 6日

ファッションフォトスタイリング

本日は早朝から、芦屋本店でPalm という ファッション誌の撮影がありました。

以前にもこのブログでお知らせしましたが、アイロニースタイリングという形で10ページほどのコーナーを撮影しました。

皆さん、素敵な方でわきあいあいと楽しい撮影となりました。


東京に出店するとこういう仕事もあるかなと思っていたところ、まさかの芦屋で依頼をいただきました。

やっぱり楽しいなぁー。

カメラマン、スタイリストさんやヘアメイクさんとひとつの作品を作り上げるのは楽しいものです。

モデルのmarusyaちゃんもかわいかったしなー。ロシアから来た16歳やってー。

撮影の合間に、僕の向けたカメラにもちゃんと顔つくってくれたりするし、

カメラマンさん、ヘアメイクさんも口を揃えて褒めてました。


今回は、大人ガーリーがテーマにあがっていたことと、春夏号を意識して

アイロニー的エロパステルをぶつけていきました。

アイロニーを代表するパステルエロダリアのムーンワルツに、普段はめったに使わない

ビビッドなイエローの普通の咲き方のチューリップの組み合わせに何か感じていただけると幸甚です。


最後にアイロニーの庭をイメージするカット用に何か作品をということで

よりアイロニらしくムーンワルツに、スイトピーの藤娘、カラーのクリスタルブラッシュを

あわせたデコを作りました。




カメラマンの岡本さんがmarusyaちゃんを撮る時ほど、盛り上がってなかったのが気になりますが。。

さすがプロはいい写真撮ってはりました。

面白くて場の空気を作れる人でまたご一緒したいものです。

日本語の不慣れなmarusyaちゃんに いいよーOK牧場!とか言うてました。

覚えてないことを祈ります。


今回の写真が載るpalm 創刊3号は 2月発売です!全国書店にて発売されます。

一部取り扱いのない書店もありますので、お問い合わせください!


IMG_1394-94.jpg
OK牧場!



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月 8日

それでも進む

長いこと担当のブログが更新されていないので、気になられているかたも多いと思うのですが、

今年初めからアイロニーに加わってくれていた、田中が今年いっぱいをもちまして退職することになりました。

自分のこと、家庭のこと、仕事のこと 花のこと 色々なことが重なり決断したようです。

僕も含めてスタッフも皆、いろいろと思うところはあると考えますが、本人の意思を尊重したいと思います。

続けていける職場環境を作れていなかった事、リーダーとしての接し方、そして友人として、後悔ばかりが残ります。


本人の今後についてもまだ未定とのことです。


芦屋本店のほうは、すこしゆとりのある規模になっているので、バックアップできるスタッフも多くいますし

営業には影響ないのですが、ラフィリエ受講生の方々には、ご迷惑・ご心配をおかけしたことをお詫びし、

谷口がすべての講義を担当するようになりますが、皆さん継続してくださることに感謝しております。


スタッフと協力してより充実したカリキュラム、独立や運営のサポート、レッスンデザインの提供、

現場への研修なども積極的に実施していきます。


また、パリクラスも谷口の視点からみたパリスタイルを進化させたブーケ中心のレッスンとして

来年1月からも継続していきますので、ぜひご参加ください。このクラスは、ケンのクラスを見ていて、ブーケのレッスン

楽しそうだなぁとうらやましく思っていたので、僕自身も楽しみなのです。

ぜんぜん集まらなかったらどうしよう。。一人でしてようかな。


思えば、色々なことがあった1年でした。

今年も残りわずか、アイロニーでのケンの花ももう少しで見納めですので、ぜひパリクラスや

ケン指名でのブーケをご依頼ください。


芦屋はケンの最後のレッスンを 

12月16日水曜 14時から


南青山では 谷口の 最初のパリクラスのレッスンを

12月17日木曜 19時から

行います。ご予約はお待ちしております。


電話 0797ー38ー8741

mail info@illony.com



僕らは、さびしい気持ちが仕事に生かせるようにまた前を向いて進んでいきます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月10日

mayumayuとBLACK MOUTON

アイロニーの見習いスタッフは、基本的にはアイロニーのフルタイムスタッフを目指す人の為のものです。

一日の日当分で、その日就業後にアイロニーでギフトフラワーを作成できるコーディネーターになるためのカリキュラムレッスンを受けてもらいます。

全18段階を1段階ずつクリアして進んでいきます。様々なスタイルで皆がまったく同じものが作れるようになる為の訓練なので技術があっても癖のある人はなかなか進めなかったり、
基本のラウンドアレンジでずっと手古摺ります。

仕事も、毎日の仕事に慣れたスタッフと一緒になって働くので初めはついていくのが大変です。

就業後のレッスンまでは仕事なので、スピードも正確さも知識も技術もフルタイムスタッフと同じものが要求されるので

見習いの日だけでなく、みんな本業をしている日の夜にも勉強や復習をしてくれてついてきてくれています。


そんななか、アイロニーのフルタイムスタッフを目指していない人もいます。

本業に生かす為にアイロニーに見習いスタッフとして、参加する人です。


基本的にどちらも二足のわらじで大変だと思うのですが、フルタイムを目指してないからといって、
お客様からみれば現場にスタッフとして立っていれば見習いかどうか、ましてフルタイムを目指しているかどうかなどは、
関係のないことなので、同じだけのスピードや知識が求められます。


mayumayuが見習いスタッフとして参加し始めた頃はもうほんとに大丈夫かなというくらい線も細くて花屋の力仕事に続けていけるかなーと
心配したものでした。


プレスとしてアパレルブランドを立ち上げて運営しているという異色の経験で、アイロニーにとっても色々な縁を運んできてくれたり
ファッション業界の視点からプレスなどのアイデアをくれたり、そういう部分では期待通り大いに活躍してくれるのですが、
慣れない力仕事は、ほんと心配でした。


でも、いい経験をさせてもらったなぁーと思ったのが2ヶ月3ヶ月と経つころに、フルタイムスタッフから、

mayumayu最近めちゃめちゃがんばってるよ、という声を聞きはじめました。

その後すぐ機会があって、二人でアトリエで作業してると、相変わらず重いものは重そうなんですが、めっちゃ思いっきり持ってめっちゃ急いでやってる
見ているこっちも急がなあかん!と思うくらい。

根性あるなぁとおもいました。根性とはまったく結びつかない雰囲気なんですが。


こういう人が意志の強さのある人なのかと知ることが出来いい経験になりました。


そんなmayumayu 最近は立ち上げたばかりのブランドが好調で忙しくなり、少し見習いのシフトを減らしているのですが

それでも、来たときは相変わらず思いっきり働いてくれています。


先日mayumayuのブログを見ていると、ある人気ブロガーがブログで紹介してくれたとの事だったので

その方のブログを覗いてみると、mayumayuのことやmayumayuのブランドの雰囲気がとてもよく描かれていて

さすが写真をよく撮っている人は、人をよくみているなぁと思いました。

その方のブログはこちら→ http://ameblo.jp/ymode/entry-10403004854.html

アイロニーのスタッフの間でもかわいいと評判のブランドなので、ぜひチェックしてみてください。

BLACK MOUTON はこちらから → http://www.blackmouton.com/

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月11日

ラフィリエ通信始めました

アイロニーディプロマ取得コースレッスンのラフィリエ。

将来花の仕事に就きたい方や、現在花の仕事に就かれている方を対象にした1年間全24回のレッスンです。

アパレルブランドの定期装花や

ハイブランドのパーティデコレーション、

パリテイストの最新スタイルのブーケから、

写真の講義、

デッサンの講義、

PRの講義など、

花とより深く向かい合ってもらうためにアイロニーが自信を持って薦められる内容のレッスンです。


そして、今後も改善を重ね、アイロニーディプロマを取ってよかったと修了後も感じていただけるようにサポートをしていきたいと考えています。



そのひとつとして、ラフィリエ通信を始めました。


ラフィリエをはじめてから、もっと生徒さんと話がしたいと思っていました。

もっと色々質問して欲しいのに、もっと知ってることたくさんあるのに、と感じていました。


授業の時間では限りがあるので、質問とかどしどしメールくださいとお願いしているのですが、

皆さん、忙しそうにしてるからとなかなかメールくれません。。


そこで、こちらからどんどんいろんなことを配信していくことにしました。

HPやブログでは書けない、仕事の内側で結構役に立つことがあると思います。


僕の目からみていて、世の中の花の仕事で、あーいう仕事はどういうところから依頼がきて、どれくらいの予算で、どういう段取りで行われているのだろう?と思うことあります。

先輩フローリストに少しでも内側を教えてもらえると、より具体的にイメージすることができ、

こちらからクライアントに提案することも出来るし、クライアントから相談を受けたときも

こういう流れでしているところもありますよと話すと、安心して任せてもらえます。


他店でロクに修行をしなかった僕は、この仕事における経験の必要性は身にしみて感じています。

そんな経験をすこしでも感じてもらえるように、アイロニーの内側で起る、デザインや運営に役立つことを

ラフィリエの受講生や修了生にだけ、お見せしようと思います。


というわけで、ながながと読んでいただいた受講生以外の皆様すみません。。。


息子の写真で勘弁してください。



きゃわいい。。。


東京木曜夜クラス 受講生募集中です!

芦屋にも若干空きがございます。

詳しくは ラフィリエサイトで →http://www.la-filiere.net/




 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月15日

家庭画報と大学講師



昨日は前日に様子をみていると休めそうだったので、突然でしたが嫁と約束している月一日の休みをもらいました。(すみません、もうしばらくこの調子で働かせてください。)

そして急に思い立って和歌山の実家に帰って、のんびりぐうたらしてきました。

墓参り以外は、何もしてませんでした。最近ひさしぶりに気になってレイチェル・カーソンのセンス・オブ・ワンダーを読んだので、大樹と墓参りを兼ねて森に出てみました。

力をもらえるし、自然は僕らを見ていると感じました。

何か身の回りで悪いことが起る人は、自然に見られていることを自覚してもやましいことがないか自分に問いかけてみましょう。

こんなことをいうと頭がおかしいと思われるかもしれませんが、経験上、僕は自分の行いがおかしいときは自然が見ていて、僕にではなく、周りの人に悪いことが起こります。すみません。。気をつけます。


そんなおかしな話はさておき、やはり関西のTVはいい。

夕方でしょうか、非常にローカルな番組でたむけんファミリーVSこやぶ軍団というオールナイトイベントの模様が放映されていました。。

そのなかで、カメラマンとして敬愛してやまないオーマイガット・トゥギャヤマ先生でおなじみのコイデミズが、ロッシーの面白話を披露していました。

ミラクル天然芸人であるロッシーは、3人以上での会話が困難で、先輩と後輩がひとりずついる会話だと、先輩にタメ口、後輩に敬語になってしまったりします。

その3人ルールをよく表した花贈りエピソードありました。

こいちゃんとロッシーがよく行くバーが6周年イベントをするので二人も誘われたのですが仕事で参加できず、花でも贈ろうとなったところ、ロッシーが僕が手配しときます、といったらしい。

その二日後、イベント当日、こいちゃんの家にピンポーンと来客が。。
出てみると、祝6周年 コイデミズ様へ  バーなんとか ろっしーより

という花が届いたそうです。

皆様は気をつけてくださいね。。

その後ろっしーが自ら、僕しゃぶしゃぶも危なくて、

肉をとる→なべにつける→たれにつける→食べる 
肉をとる→なべにつける→たれにつける→食べる

の順が、となりで誰かに話しかけられると、わからなくなり

なべではしを洗う→はしにたれをつける→

とかになってしまうそうです。。



やっぱ関西すきやわー。東京勤務の横山がこんなTVがみれなくてかわいそうなのでDVDに焼いてあげようと思います。


いやいや、そんな話でもなくて。


本日南青店がなんと!!家庭画報の取材を受けましたー!

2月発売号です。お楽しみに!!


そして、芦屋店では谷口に来年、某女子大学での講師の話が!

女子大!

家庭画報も大学での講師の話も、両親が喜んでくれる内容なのが嬉しかったです。

じいちゃん・ばあちゃんも喜んでくれるでしょう。


あとは紅白に出れれば。。



初めて出会ったバンダとスイトピー。一目惚れです。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月26日

ひといき




お疲れ様です。

12月前半は好調にブログの更新を続けておりましたが、さすがにこの1週間はゆっくりPCの前に座る時間はなく、

送って頂いていたクリスマスギフトも今日やっと封を開けるような始末でした。

契約いただいてるブティックの花をノエルからお正月モードへの入れ替えのこの時期は

一斉にデザイン変更を行うので頭も体もフル稼働です。

南青山店と芦屋本店をいったりきたりもいいですが、やはり現場に行ってばっちばちに細部にまでこだわって作成し、無駄のない動きを組み立てて仕事をやり遂げるのは気持ちのいいものです。


疲れた体とは対照的に力が次々に溢れてくるような気持ちを感じます。


そして、今日はやっと落ち着いて、今年最後の大仕事

お正月用のギフトフラワーと

お正月用のレッスンの準備をしました。


お世話になった方へ一年のお礼にとお正月のアレンジを御依頼いただくお客様の姿に

毎年ながら、自分の生活を見つめなおし反省します。


某ブランド様はVIPの顧客様に、毎年お正月の花を贈ってらっしゃいます。

ご自宅で過ごすことも多く、花を楽しんでいただくには、一番適したタイミングなのかもしれません。


毎年、ランや洋ギクなどを使った、少し和テイストのアイロニースタイルのアレンジをおつくりしております。


東京・大阪・姫路から選りすぐってとびきりの花を充分に仕入れていますので、ぜひぜひ御依頼ください。


そして、今年最後のデザイン。リュクスクラスとディプロマ取得コース・ラフィリエのお正月のコンポジションのデザインもやっと完成しました。

寒さの具合によって、品質にばらつきのある花材などもあるので、ぎりぎりまで様子を見ての花材決定後のデザインは、忙しさのピーク時と重なり移動中や寝てる間食べてる間も考えています。


今日はそれがやっと決定し、ほっと一息つけるようになりました。


後は、指揮を執って実施していくだです。


後もう少し、まだ一年を振り返る余裕はありませんので、それは次の一息のときにでも。


皆様ももう少しくれぐれも体に気をつけてこの年末を乗り切ってください。




お正月ギフトのご注文・お正月アレンジのご予約は

メール info@illony.com

電話 0797-38-8741

までよろしくお願いいたします。

レッスンの詳しい日程はこちらのレッスンサイトにて!→http://www.la-filiere.net/

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP